HOME>記事一覧>コストや手間がそれなりにかかるがメリットは多い

目次

宣伝にもってこい

フライヤー

ダイレクトメールは企業が個人に送られる広告の事です。商品やキャンペーンなどを宣伝する目的を主とします。写真を使ったり凝ったデザインにすれば商品などを細かく伝えやすいです。自社のキャンペーンや来店促進などに向いています。また、印刷方法を変えることで顧客ごとに情報量を調整できます。割引や特典のクーポンを送ったりすることも可能です。ネットが普及した現在でも定番の方法です。

反応率がわかる

チラシ配り

ダイレクトメールはただ送るだけでなく、顧客ごとの反応率も確認できます。反応率の高さがわかるので宣伝効果を正確に計測できます。結果を分析すればデータを次のマーケティングに生かすことができます。また、ウェブではリサーチできない人にも送付できるので顧客の獲得が望めます。

作るには多少の手間がかかる

ダイレクトメールは企画に始まり、ターゲットの選定・原稿の制作など手間がかかります。自社ではそれなりの費用がかかるでしょう。現在は発送代行してくれる会社もあるので活用すれば手間を短縮できるでしょう。ただし、受け手に届いても開封されるとは限りません。見てもらうために内容などには工夫をしましょう。

媒体には種類がある

ダイレクトメールで最も手軽なのがハガキです。定形はがきやA4はがきなど目的に合わせて選べます。開封せずすぐに見てもらえるので反応率も高くなるでしょう。チラシやカタログなどを送るには封筒が向いています。封入できる情報量が多いため、複数の商品を紹介できます。こちらはハガキと比較してコストが高くなりがちです。

広告募集中